墓場の裏から視ていた

孤島に屍骸、それの横に落ちていた日記。株の事とかを記録してある。

6/23(8:30)~6/24(5:00)くりっく株365/ナスダック100
ひまわり証券金融商品取引報告書より
売買損益300円-手数料105円-金/配0円=195円

『パウエル日』2日目だった昨夜。もし指数先物の方で売買していたらマウスを叩きつけることになっていたはず。
あの値幅で上下に振られて三回目、四回目は絶対に置いて行かれている。
方向転換の連続には安いくりっく株だとしても全く捕捉できずにイライラ。それが頂点に達して注文ミス。ストリーミング注文を使って痺れを切らしたタップをしていたら、うっかり同値に売り2枚が並んでしまった。しかも、その後(今夜)へ続く展開予想からして非常に危険な値付近。
「もうやめ」と気持ちが切れて寝た。
各注文だけ並べて放っておいたら幸い朝イチで処分はされており、一応助かってはいる。
f:id:GIONN-SOMIN:20220308182717p:plain
⇒年間損益-5万7036円
 残り 買1枚 売り1枚
今日は夕方、楽天カードが見当たらずに往生。あっちこっち長い時間探し回って疲労困ぱい。もう去年より暑いのではないか?汗だくでフラフラ。出遅れた。その隙に各指数またまたとんでもない値幅で動いているようだ。
『パウエルの引き波』だ。これは自分が勝手に造って呼んでいる証券用語だけど、明日以降もどうしたものか厄介が続く。