墓場の裏から視ていた

孤島に屍骸、それの横に落ちていた日記。株の事とかを記録してある。

第26回参議院議員通常選挙前の世迷言③

 大なり小なり参政党に注目している人というのは、既存の与野党に対して不満なり疑念なり憤りなりを腹の底に溜めているという点で共通しているはず。自分もそう。しかし、各地それぞれでの熱量を各々が目の当たりにしても、楽観するのか落胆するのか、この違いはもう性格によるものなのか。自分の場合は演説に足を運んだことで反って現実を計測してしまったのか絶望感。
 その当日、現地は公明党の選挙カーとバッティングしていた。お互い悪意はなかったと思う。どうしても地方都市では人が集まれる区画というのは限定されて、別の場所設定がなされていても結局はすぐ近くになってしまうこともあるのだろう、良くも悪くもコンパクトだから仕方がない。そして何より、参政党側が膨らみ過ぎていた。
 失礼ながら言わせてもらうと公明党の方は動員。20人弱はいたかもしれないがほとんどがサラリーマン風の同じ顔。3,4人づつ固まっていて、連れ立って集まって来ていたようだった。これは本当に勝手な見立てだけど。
 それを背にして登壇する神谷氏に注目する聴衆は対称的、若い大学生風のイケメンから小さい子を連れた母親、白髪の年配者も真剣に見上げていて、自撮りをしている得体不明の自分も後列に加わり多種多様。
 実数はどうだろうか難しいところ。うちの柚子の樹は何回数えてみても途中で分からなくなって一度も正確な数を把握したことはないが200個近くの実が生る。妙な見比べになるけど、あの黄色の集合具合を元にして換算してみれば400人では収まらない。客観的な柚子の樹算で2.5倍と言えば案外いい線だと思う。同日に別の場所でもハシゴ演説をしているし十分ではないか。想像していたものは超えていた。
 だからこそがっかり。あれだけの盛り上がりを直接確認してしまったからこそ、獲得議席予想が1か2という情勢に「あれだけの熱量に対して比例で1議席確実?それだけ!?」と、呆然。もちろん凄いことなのだろうし、1議席がなければ次もない。しかし、これからの三年間、新たな1議席2議席で既存の政党政治の暴挙を止められるのだろうか?
 結果となれば楽勝の自公維はまだしも、次点とされる立憲民主の候補者の演説なんか誰も立ち止まっていないが。
 酷い歪みだ。

7/5(8:30)~7/6(5:00)くりっく株365/ナスダック100
ひまわり証券金融商品取引報告書より
売買損益80円-手数料90円=-10円

型通りに失敗。
耐えて我慢して待って待って、ようやく流れが変わって耐え切ったと安心したところで、もう一度元に引き返して戻って行かれると、消沈と同時に「やっぱり違った逆だった」となり次の方向意識に躊躇がなくなる。これが裏目、裏目の第一歩。指数先物に戻れたらこのメンタル構成をブレイクしなければ。
昨夜は前日からの流れであわよくばという期待もあった分、断続的な下げに耐え直すことができず誘い出されるまま。これでまた値動きは下げ方向だと決めつけ。
そして、まんまと反転一気の上昇に逆を突かれた売り建玉が残された。
f:id:GIONN-SOMIN:20220308182717p:plain
⇒年間損益-5万4185円
 残り 買い6枚 売り4枚

翌営業日(今日)に備えて後追いで買い(上昇)メンタルに再転換。引け間際に買い建玉を2枚多い状態にするも、明けて日中はマイナスに推移。
すると今度は23時発表の非製造業景気指数が気になりだす。やっぱり買いを2枚多くしておくのは危険かもと処分。
直後、再上昇中の夕方以降の時間帯。裏目・裏目・裏目と継続中。

第26回参議院議員通常選挙前の世迷言②

 各党の街頭演説に足を運んでみたが、目当ては参政党の実態確認と他との比較。日記に残すのは投票日直前にするつもりだったけど、先日の岸田総理の遊説と比較した参政党の勢いに楽観するようなYouTube動画を見たので、順番を先に替えて現時点での感想。
 参政党を応援しているコメントの中からは、街頭演説の人の集まり具合に希望を膨らませる人も多いように伺えるが、逆に自分などは小さな絶望感みたいなものを知った。

 高校生の頃はバイトもあって毎日ウロウロしていた市の最大繁華街の中心線へは、当時の記憶を再開発の経過で上書きしたくない思いから、通り抜けるのを長い年月避けているが、当日直前、〇〇駅の近くで参政党の神谷氏が演説をすると知り、動画だけではなく一度自分の目と耳で確認しておくべきだと迷わず足を向けた。
 どこら辺りで集まっているか見つけられるかな?と、キコキコと折り畳み自転車を漕ぎながら界隈に近づいていったが無用な心配だった。「え!?」と、実際に声が出たかもしれない。交差点の向こうでは聴衆が広場から溢れていた。ちょっと驚く。丁度間に合って神谷氏が車の上に登るところを、車道を隔てたこちら側から拍手する人の背中越しに確認した。よく演説動画の冒頭で「今日もこんなにたくさんの人が集まってくれて~」などの喋り出しがあるけど、それを広角な反対側視点で見てみたかった。確かに確かに・・・本当だった。まだ一人も国会議員を抱えていないただの政治団体で、率いている人物はテレビでタレント活動をしていた訳でもなく、それどころか各メディアから無視を決め込まれていた事実を踏まえれば尚の事、参政党の勢いは全く嘘ではなく本物だった。
 それでは、そこで見た何に小さな絶望を覚えるのか。「えぇ?」と思うことがまた別にあった。東京や大阪とは違ってうちのような地方都市だと、例えば一方は『〇〇駅前』一方は『〇〇広場』と告知があれば、一見異なる場所のようであっても実はほとんど近くになる。同じ時間帯に声の届く場所、公明党現職の選挙カーが並んで準備をしていた。こういうのって大丈夫なのか?と、そちらにも注目した。
 
7/4(8:30)~7/5(5:00)くりっく株365/ナスダック100
ひまわり証券金融商品取引報告書より
売買損益260円-手数料60円=200円

またNY市場は休み。今回は早めに気付けたけど何か知らんがよく休む。先物の動きも少なく限定的。逆に大きな上昇で置いて行かれることもないだろうし、100円玉一つだけでも拾っておくかと売買。
値動きが止まる前に2つ拾えたから良しとする。惨めなハナシだけど。
f:id:GIONN-SOMIN:20220308182717p:plain

⇒年間損益-5万4175円
 残り 買い4枚 売り2枚

休日明けの日中はとりあえず100ポイント上げて推移。夜間のNYが開いてからに僅かに期待して待つ。

訂正したけど年間損益の買いの(い)がしばらく抜けたままになっていた。こういのって何で気付かないのか不思議。
その買い建玉。上で待たせている2枚は12007と12008。やっぱり一息では届かないか。ナスダックの値幅では微妙な距離。道中で売りを1枚戻し入れて堅実にシフトするか思案していたが、夕方から再び急落を始た。21時過ぎからさらに続落中でそれどころではない。耐え切ったと思ったのに。

サボテンの株分け

部屋の中に置いてある観葉植物に小さな黒いムシがしつこく付いて困っていて、食材として台所にあった赤唐辛子/トウガラシを一房、その根元に置いていた。イメージで何となく撃退してくれるかなと思っただけで根拠はなく、もちろん効果もなかった代わりにヒョロヒョロと芽が2つ出てきていた。

せっかくなので別の鉢に植え替え。成長中。


胡椒/コショウは日本の冬を越せないらしい。しかし試しに挑戦。少しでも体力を蓄えさせないと。

さすがに今の季節は順調。これからは一週間に1枚づつ葉っぱの数を増やしていくつもりらしい。うちへ来てから4枚目の葉っぱが伸びている。直射日光にも弱いらしく、小まめに場所を移動させるのが手間。


無花果/イチジクは40株以上ある。前にも記したけど兄が次から次に置いていく。この株だけは自分が拾ってきた野良イチジク。10㌢の穂木がこの春から想像以上の成長ぶり。もっとゆっくりの方が助かるのに。鉢が小さくなってしまったので近く移し替えるが、この時期に大丈夫なものだろうか少し心配。


/ブルーベリーもある。これも兄が置いていくが、ネットで色々と見てみるとイチジクとブルーベリーは比較的簡単なようで、素人が最初に手を出す組み合わせとしてよくあるらしい気配。人と同じことを後から真似しても仕方ないだろうに、何を考えているのかは不明。
/ピーマンは既に5個収穫。後発のものがまた育ってきた。鉢植えで簡単。ムシも付かず肉厚で濃い緑。
改めてスーパーで売っているものを見てみれば、それはシワがあって薄っぺらいものだった。
特にこれからの時代、場所さえあればなぁ。

昨年の狂い咲き以来、弱って生気のないサボテンの根元から出てきていた子株の切り分け作業。


と言っても、もうすぐ自切するつもりだったのか、軽く突いたらポロンと落ちた。カッターも不要。


随時落としていた豊水の摘果をどけて、


昨年のうちに早めに切り分けていた1㌢の子株の横に転がした。そのうち発根して2株並べばかわいいと思う。小さ過ぎた先の子株もようやく根が張ったところ、すぐに同じような大きさに追いつくはず。

第26回参議院議員通常選挙前の世迷言①

 選挙動画を見ていると好きか嫌いかは別にして、れいわの山本太郎氏に関しては誰しも認めざるを得ない。退路を断ち切って党の親棒を担ぐ姿は祭りの男衆の威勢。芸能タレントとして御輿に担がれるままのゲスト様などとは全く異なる。継続している積み上げは凄いなぁと思う。苦手かどうかは別にして、
 別のれいわ候補者で山本太郎氏と同じ調子で訴えようとしている人もいるけど全然届かない。やっぱり演技力が違う。
 他にも、れいわの街選活動の動画を見たら何やら文化祭のステージみたいなことをしている。あれだけの準備ができるのは東京ならではか。一度どんなものか盛り上がりの範囲とか熱量を確認してみたいもの。票は入れないが。
 そんな感じでふと、今回の選挙戦では動画画面の外の様子を自分の目で見回してみたくなり、人生で初めて意図して選挙演説に足を運んでいる。この地方都市には戦略的事情なのかれいわの気配はないけれど、目当ては参政党。既存政党と見比べることができた。
 参政党は想像通りか少しだけ想像以上。他党はしょぼい。この選挙制度というのは随分と歪んでしまっているんだなぁという印象。

7/1(8:30)~7/2(5:00)くりっく株365/ナスダック100
ひまわり証券金融商品取引報告書より
売買損益390円-手数料210円=180円

もう決着を付けようと買いの方を2枚多い状態に。ナスダック100が12000ポイントを回復してくれれば次に進める。
しかし発表される経済指標が悪く続落。ロスカット値が迫る恐怖も、売りを入れた途端に取り残されると再度股裂きの値が拡がる危険。
苦しい中での抵抗は大きく狙えない。やむを得ず損切りも当然のごとく無駄切り。
全く捗らず。天候回復を待つだけ。
f:id:GIONN-SOMIN:20220308182717p:plain
⇒年間損益-5万4375円
 残り 買い4枚 売り2枚
NY週末の引けは上昇で終えた。中途半端に売りで入っていたら危なかったところ。耐え切ったか。月曜から反転上昇の流れを期待。

 就活情報サイトが底辺職業ランキングなるものを掲載。「事実関係を確認中」などと呆けてみせている。このように傲慢な侮辱罪をお仕事にして胡坐をかいていられるということは、悪い筋からの下請け社会広報を担っている安心感でもあるのだろう。
 しかし今の時代、男女問わず、不必要に1兆円4000億円とかに膨れあがった東京五輪の例をみても、乞食の方が上級職。

 
昨夜は一度も売買なし。痺れを切らして買い建玉の方を2枚多い状態にして、そこから続落で微塵も動けず。底辺以下の空き缶拾いすらできず。
今夜もひたすら我慢。耐えられるか。

 

 

 鬱陶しいことに、テレビ局のニュース素材もYouTubeのおすすめとして上がってくる。公式チャンネルのタイトルの付け方もサクラ動員くさいコメント欄もイラつかせるので無視が基本も、動物系の動画の紹介に関しては撒き餌と分かっていながらもクリックしてしまうことがある。だから別の動画も上がってくるという悪循環だけど。

 『衝撃!メロディー口ずさむネコ 一体なぜ?』という10ヶ月も前の動画が急に先頭に出てきた。一体ナゼ?の部分にイラつきながらも何気なくクリックしたら、定番である保護猫が見事な芸。確かに人間の拍子を理解しているようにみえるし、短期記憶して復唱しているようにもみえる。へぇ~と感心。
 自分は長くワンコと暮らしていたのでイヌに関しては大概は理解できる。そして一緒に暮らしていれば他所の家もそうだったろうけど、向こうからの呼びかけで仕草が見えずとも、声だけで「喉が渇いた」「腹減った」「外に出たい」「中に入れろ」「開けてくれ」「何してるの」「起きろ」「誰か来たぞ」等々、一次的表現ならばイヌ語の微妙な違いも聞き分けられるものだった。
 一方で、関心を持ったこともないからネコのことは分からないが、同じようにネコと一緒に暮らしている人からすれば、聞き分けたり習性を見極めたりするポイントがあるものかも知れない。珍しくコメント欄が健全で、一面的な賛同ばかりではなかった。めでたいナレーションも入って、ほっこりするBGMも流れるので、一見楽しい動画にも見えるが違うのだろうか。判断がつかない。
 記者クラブ頼みの横並びというだけならマシな方。もはや産業自体の取材力に目を見張るものなどなく、素材を引っ張ってきて流す転売屋。やはりそんな連中から出される情報に誘導される世論は危険だ。それを示す分かりやすい一つの構図と言えば動画のネコには気の毒だけど、これがもっと大きな社会や経済に関する事象であってはどうか、政治の問題などが絡めば特にそう。不安に感じるべきで、信じて身を委ねるものではない。

6/29(8:30)~6/30(5:00)くりっく株365/ナスダック100
ひまわり証券金融商品取引報告書より
売買損益-200円-手数料105円+金/配1円=-304円

昨夜のNY、開始直後から不安定。上、下、斜め、抵抗線をどこに想定しても機能せず。割ったかと思えば割っておらず、抜けるかと思えば抜けていかず。誘い出されて損切りに応じれば、その先から無駄切りに。


                      nikkei225jp.comより

ここまで慎重にリカバーを続けてきたのに後戻りは避けたいところ、仕方なく再度の損切りに応じれば、また直ぐに無駄切りをあざ笑う方向転換。
何かと思えばパウエル議長の不規則発言があったらしい。その影響なのかどうか、方向感不明、ターンオーバー連発で荒れ相場。
今夜は無理しない方が良さそうだと諦めて、早々に撤収を決めたことに関しては間違いではなかった。その後1時過ぎからはもっと酷かった。
しかし、もうそろそろ我慢も限界と、損切りの機に建玉を2枚差にしたことはどうか。


日中からこれまで下がりっぱなし。NYも始まったが正念場。

f:id:GIONN-SOMIN:20220308182717p:plain
⇒年間損益-5万4555円
 残り 買い4枚 売り2枚

6/28(8:30)~6/29(5:00)くりっく株365/ナスダック100
ひまわり証券金融商品取引報告書より
売買損益1350円-手数料210円+金/配6円=1146円

昨夜は複数の経済指標の発表を控えていたので活発な動きもあり得ると警戒はしていたが、

 nikkei225jp.comより

NYが開いた直後のダウがこんな感じで始まるものだから意外で、この後の各経済指標の発表で転じた下げも、程々のところで抵抗があるのでは?と心理的に引っ張られてしまった。結果は異なり、引けまで続落の道中、後手に回って状況悪化。
早々に買いを入れ直して建玉の均衡を保つことを優先したのも裏目だったけど、どうやら経済指標の受け止め方は深刻なようだと気付き、売りを1枚入れておかなければと焦った凡ミスが最悪。ストリーミング売買は簡単だけど横着になってしまったのか、売りをタップしっていたつもりなのに買いで約定。

何かおかしい?と暫らくして気付くも、下がると思っているので損切りするしかない。300円の損切りということは、誤操作がなければ300円のプラスを得られていたので上下600円の差。しかも、直後から一旦値が戻る時間帯になり、結果的には無駄切りに終わるという一番アタマにくる展開。続きは注文だけ指して放った。
やる気が失せてYouTubeへ。ゆっくり宇宙教室で気持ちを落ち着かせていたらそのまま寝ていた。
f:id:GIONN-SOMIN:20220308182717p:plain
⇒年間損益-5万4251円
 残り 買い4枚 売り3枚
もちろん、たった数百円のやり取りで何をうだうだと言っているのかという、馬鹿バカしさとレベルの低さは痛いほど自覚している。まずは一日でも早く指数先物取引に戻らなければならない。
今夜のNYが昨夜の経済指標から受けた流れを引きずるのかどうか。次にナスダックが12000ポイントを回復したら全建玉を決済してFTSEに乗り換えるつもり。取引単位×100の商品で100ポイントを抜かないと血が通わない。