墓場の裏から視ていた

孤島に屍骸、それの横に落ちていた日記

f:id:GIONN-SOMIN:20190419171134p:plain

4/19(信用買い・売り・計)

しかし馬鹿を痛感。昨日(2491)バリューコマースを薄利で相殺に使ったから、もう1度値を戻してくれたらいいのにと願っていたくせに、いきなり跳ねた9時台に100株しか建てず、しかもリバウンドを恐れ早々に処分。ビビり過ぎで情けない。なんのために建余力が回復していたのか。絶好機を逃し、もう遅い。ずっと固執していた銘柄の勝負所で躊躇しているようでは人生間に合わない。
ただ、普段平気で建玉を重ねていた銘柄に対し、積極性を奪っている原因も自認している。その事も残しておかなければ。取引所CFD、フランクフルトDAX!今こいつに最後の命を狙われている。
ゴールデンウィーク対策として口座を開設、誰も教えてくれないし独り。このよく分からない取引は不気味な洞窟の様で怖いから、入口付近の探索として、先遣を2枚送り込んだら還ってこず。応援にもう1枚送っても返事なし。救援にもう1枚追加するも、どうやら遭難したみたいだ。
ニューヨークダウは凄い勢いで上下するイメージがあったが、フランクフルトDAXも60ポイント以上=6000円/1枚動く。しかも始め時の間が悪く、連日圧倒的に上にばっかり。逆に建てておけば楽勝だったのだろうが、ドイツは銀行が危険というハナシは何なのか?もちろん無知で怪情報しか知らない所に突っ込んでいる自分の責任だけど。制度信用取引の方も、松井証券の資金を割って移しているせいで生じた微妙な圧迫感が、悪い方向に影響しているようだ。