墓場の裏から視ていた

孤島に屍骸、それの横に落ちていた日記